マニアの出会いも期待できるツーショットダイヤル

おしゃべりだけだともったいない当日の出会いも可能なツーショットダイヤル

テレクラと聞いてもピンと来ない方は、若い年代の方かもしれません。一方、懐かしいなーと思われる方は、中高年の方とお見受けします。

 

携帯電話の前は固定電話が一般的で、その当時ビルの個室ブースで女性からの電話を待っておしゃべりするシステムがテレフォンクラブ(以下テレクラ)でした。

 

テレクラは全盛期に比べるとかなり少なくなっていますが、大手で残っているものもありました。

 

それでも、携帯やスマホがあるのに、わざわざ固定回線のあるお店に通うのは、面倒ですよね。

 

そこで登場したのが、ツーショットダイヤルです。

 

ツーショットダイヤルのおかげで、今までテレクラで行っていたような女性とのおしゃべりを携帯やスマホで行えるようになったのです。

 

ツーショットダイヤルとは、文字通り女性と一対一でおしゃべりするので、ふだんあまり女性と会話していないと、最初は戸惑うかもしれません。

ネット経由で繋がるライブチャット

男女が双方向でおしゃべりするシステムには、ツーショットダイヤル以外にも、ライブチャットがあります。

 

ライブチャットはWebカメラとマイクを使って、音声と映像で女の子とコミュニケーションを取るので、電話を使うツーショットダイヤルとは異なります。

 

ライブチャットには、ノンアダルト、アダルト、人妻などのカテゴリに分かれていて、アダルトの演出を求められないノンアダルトは、単純に男性と会話を楽しみながらお金を稼ぎたい女性が多く登録しています。

 

ライブチャットで運命的な出会いが期待できるかといえば、NOと言わざるを得ません。そもそも顔バレしたくないし、男性と会いたくない女性が多く登録しているからです。

 

特にノンアダルトはその傾向が強いのが現実です。そのかわり、思わず振り返ってしまうような、美人やコミュニケーション能力抜群の女性が登録していることもあるので、とにかく美女とおしゃべりしたいのであれば、ライブチャットもありですね。

 

ライブチャットで働く女性は業務委託契約となっているので、どうしてもお金儲けがモチベーションになっているので、出会いまでもっていくには、男性側に魅力がある必要があるのです。

 

一方、ツーショットダイヤルを利用する女性は、お金のインセンティブがないので、別の理由で利用していると考えられます。

誰から電話がかかってくるかわからないのがツーショットダイヤル

女性を選べるのは魅力的ですよね。ライブチャットなら、女の子の写真とプロフィールで選べますし、マッチングサイトなら、写真、プロフィール、掲示板への書き込み内容などから選べます。

 

どちらも、さまざまな条件で好みの相手を見つけられるのが強みです。

 

一方、ツーショットダイヤルは、検索ボックスも無ければ、写真も無いので、かかって来る電話の相手と運命的なものを感じざるをえません。

 

女性がたまたまレディースコミックの広告を見て、たまたまあなたと電話一本で繋がるのですから、そこにはなにかの縁を感じるのも不思議ではありません。

 

その結果、おしゃべりだけで終わることが多いライブチャットと異なり、ツーショットダイヤルとお話した相手とは、そのまま出会いまで発展することも珍しくないのです。

伝言機能があるツーショットダイヤルなら声や内容で相手を選べる

写真で相手を選べないツーショットダイヤルだけでは、タイミングがわるければなかなか電話がかかってこない可能性もあります。

 

そこで、番組によっては伝言機能を持たせていて、女性が録音したメッセージを聞いて、返事を録音することもできるようになっています。

 

人の声はある意味文字よりも考えていることや性格などが出てくるので、音声のみといえども侮りがたいのです。

 

伝言機能の良い点は、リアルタイムのやりとりではないので、電話なのにメールのように、言葉のキャッチボールを出来ることです。

 

ツーショット番組によっては、あなた宛の伝言が入ると電話で知らせてくれるものもあります。

たとえば、マニア系のツーショットダイヤルのSMツーショットなら、ワンコールお知らせ設定があり、メッセージがあなたの伝言ボックスに入ると、決められた電話番号から着信があります。

 

その着信番号へ折り返し電話をすれば、SMツーショットに繋がるので、今か今かと相手からのメッセージをチェックする必要もないので便利です。

アナログ的なツーショットダイヤルはまだまだ使える

デジタル的なものがあふれる現在、アナログ的なシステムはどこか懐かしく感じますよね。

 

インターネット時代でも、ツーショットダイヤルだけでなく、まだ店舗型のテレクラが存在しているのは、おしゃべりに本源的な価値を見出している男女が多いことの裏返しでもあります。

 

文字入力が苦手で、マッチングサイトを使いこなせていないのなら、一度ツーショットダイヤルを味わってみるのもムダにはなりません。

 

ツーショットダイヤルは、さまざまな種類がありますが、最大手のマックスグループなら、安心して利用できるのでぜひチェックしてみてください。